ゲームな日々 トップページ
ログイン
ゲームな日々
ゲームのレビューや攻略、時々普通の日記なども。かなり趣味に偏ったブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒーローバンク プレイ日記9 - チャプター6:準決勝で二人のゴールドフォースとヒーローバトル!

「立ちふさがる2つの影」


前回、デボラ貴崎は倒したものの、マネーゴーストや謎の人物が現れ、まだ何かの陰謀が進められているかのような雰囲気です。
チャプター6は、準決勝戦の突破までが主なストーリーになっています。


サブタイトルの「2つの影」は、「由利露藩」と「龍里千」のことで、彼らも「黄金の四銘柄」、ゴールドフォースの一員です!
龍里千は、謎のファイトレーダーとして一度戦った少年なのですが、実は本当の力を隠していました。


デボラ同様、ゴールドフォースは皆、プロトタイプのヒーロー着を持っていて、由利は「ザ・ドストルーブルスキー」、龍は「ザ・ムゲン・ウラドラ」を使用します。



ゴールドフォース続々登場!


ゴールドベースで銭念と話していたのは、「宝乃ヒカリ」というヒーローバンク社のプログラマーでした。
マネーゴーストを「バグ」と呼び、これまでも行方を追っていたようです。


まずは情報を得るために、破産して姿を消したデボラ貴崎を探すことになるのですが、勝堀神社ではゴールドフォースのメンバーが次々に現れます!
しかも、ナガレはゴールドフォースのトップファイトレーダーになっていました。


もちろん、その場で決着をつけるわけではなく、準決勝はジョイポリスが舞台になります!
メガマーケットでもBランクのヒーロー着が増え、Aランクも買えるようになるのでチェックしておきましょう。


以下で、準決勝攻略のコツを紹介します。


準決勝戦の流れ


準決勝の出場コストは2億円、会場は、末の内の「ジョイポリス」です。
これまで、まずは5人倒してからでないと本番のバトルにたどりつけませんでしたが、今回は雑魚ファイトレーダーがいません!


面倒な作業をしなくて済むのですが、その分、ゴールドフォース二人と戦うことになります。
最初は龍里千、次がシードの由利露藩とのバトルですが、これはボスキャラが二人いるようなものなので、ヒーロー着やアイテムの準備を整えておきましょう。


連戦と言っても、龍とのバトルの後にはショップやランドリーに行くことができるので、力を温存しておく必要はありません。



龍里千とのバトル!


龍里千が使用する「ザ・ムゲン・ウラドラ」は風属性です。
スピードタイプで、とにかくリング上での移動速度が早い上に、攻撃力も高めです。


防御力はそれほどでもありませんが、ヒーロー着の性能を上げる効果を持つ技と、お金を全て吹き飛ばしてしまう技を持っています。
特に後者を使われてしまうと、高威力の必殺技を狙う場合に不利になります。


資金を集めにくいバトルになるので、リング属性を利用しつつ通常技でHPを削る方法も有効です。
相手の移動スピードを考えると、近・中・遠、全ての距離をカバーできるように技を揃えておくと便利です。



由利露藩とのバトル!


由利露藩の「ザ・ドストルーブルスキー」は、土属性のヒーロー着です。
龍とは対称的に、こちらはパワータイプで、これまで登場した対戦相手の中で、最も攻撃力が高いファイトレーダーかもしれません。


まず、属性的に有利な風ノ着で挑む場合でも、「ふんばる」は危険なので使用を控えましょう。
ガードしてもHPを全て削られてしまうようであれば、地道にレベルを上げるか、ディフェンスの高いヒーロー着を用意して(もしくは、スピードと確率に任せて「かわす」に賭けるか)再挑戦です。


ザ・ドストルーブルスキーの弱点は、技の威力が高い分、資金集めにも時間が必要になることです。
バトル前半は資金集めに走りますが、スピードの高いヒーロー着を使い、できるだけ相手の回収を阻止しましょう。
「スイングマン」の「フェルマータ・タクト」でゼニピタ状態にしてしまう方法も有効です。


リング上のおひねりが無い場合はコーナーポストに登ることがあるので、この時は大チャンスです!
アピール中に攻撃をしてダウンを奪い、さらにダウン中に追い打ちで攻撃できるよう、技と資金の配分を考えておきましょう。


HPが少ない時に攻撃を仕掛けられた際の対策として、ガチンコは温存しておいた方が無難です。
カチンコで勝つことが前提になりますが、相手がピヨっている間に回復してからでも、反撃する余裕はあります。


この二人に勝つことができれば、ついに決勝進出です!

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。