ゲームな日々 トップページ
ログイン
ゲームな日々
ゲームのレビューや攻略、時々普通の日記なども。かなり趣味に偏ったブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『どうぶつの森ハッピーホームデザイナー』を、とりあえずプレイした感想!

『どうぶつの森ハッピーホームデザイナー』が発売されました!


7月30日、3DSソフト『どうぶつの森ハッピーホームデザイナー』が発売されました!
「どうぶつの森」シリーズの新作だけあって注目度も高く、アミーボカードは品切れになっているようですね。


管理人も、昨日のうちに購入し、既にプレイを開始しています。
今作の評価、二分されそうな気がしているのですが、皆さんは、どう感じたでしょうか?


ひょっとすると、あっという間にエンディングを迎えてしまって、あっけに取られている方もいるかもしれません。
このゲーム、先に進めるだけなら容易に進めることができます。



『どうぶつの森ハッピーホームデザイナー』のゲームシステムについて


まずは、簡単にゲームシステムを紹介しておきます。
ニンテンドーダイレクトや、公式サイトを見たのであれば、「家」に特化した内容であることは分かると思いますが…


実際にプレイしてみると、まさに「ホームデザイン」だけに絞られていることを実感するはずです。
例えば、ムシを取る、釣りをする、お金を集めて家具を買う、といった、「村で暮らす」要素はありません。


とにかく、依頼人の住宅や、町の施設の環境を整える、その繰り返しになっています。
また、ネットで他の村へ遊びに行く、すれちがい通信でデータを交換する、等の機能も今作にはありません。


家具の揃え方ですが、依頼を受けることで、次々にカタログに追加されていきます。
例えば、「ラブリーな感じで!」という依頼人であれば、ラブリー系の家具が開放という仕組みです。


住人Aの依頼後は、住人Bの依頼でもAの家具が使用可…の要領で、徐々に増えていきます。
そして依頼に関しては、最低限の家具さえ使用すればクリア、依頼人が怒って失敗、ということもありません。


依頼開始後、ダンボール箱を開けるだけで完成報告、でもゲームを進めることは可能です。
この繰り返しで、村の特定の施設まで作り上げれば、エンディングにたどり着きます。


ここまでの流れで、それはゲームとしてどうなんだ?という意見の方もいるかもしれませんね。
高いハードルを越えるために、寝る間を惜しんで…というプレイスタイルには、間違いなく合っていないゲームです。


自分のペースで好きなだけこだわれるので、ある意味、スローライフと言える内容なのかもしれません。
もちろん、エンディングでゲームが終了する訳ではなく、その後も住人が増え、新しい依頼を受けることができます。


『アミーボカード』が無くても遊べる?


今回、新たに発売された「amiiboカード」ですが…これがないと遊べないのか?というのは、重要な疑問ですよね。
カードが売り切れて買えなかったり、通常の3DSでNFCリーダーを持っていない方も多いと思います。


管理人の個人的な感想としては、カードがなくても、充分に遊ぶことが可能です!
この「充分」にも個人差があると思いますが、例えば、カードがないと住人がいない…ということはありません。


カードがなくても、運良く望みの住人と出会えれば、会話もできるし、依頼を受けて家具を増やすことができます!
※カードで依頼を受けた場合との違い、カードなしで登場する住人の種類や上限は未検証です。



逆に、カードがあると有利な点は、運に頼らず依頼を受注できること、写真撮影に呼べることが挙げられます。
撮影した画像をネットに投稿する場合、この辺で差が出てしまうかもしれませんね。


また、カードの中には「SP」表示のある種類があり、このカードはちょっと特別です!
表面に加工が施してあり、見た目も違うのですが…「しずえ」や「たぬきち」等の重要なキャラが、これに該当します。


これらのキャラは、「依頼人」としては登場しないため、通常は依頼を受けることができません。
つまり、SPカードで依頼を受注しなければ、受け取る事ができない家具が存在する、ということになります!


それがどの程度の種類になるのか、カードなしで入手できるイベントがあるのか…等は、まだ不明です。
ネットでは、プレミア販売もされていますがが、リアルマネーの使い過ぎには、くれぐれも気をつけましょう!

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。