ゲームな日々 トップページ
ログイン
ゲームな日々
ゲームのレビューや攻略、時々普通の日記なども。かなり趣味に偏ったブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界樹と不思議のダンジョン プレイ日記27 - 第11迷宮 幻影ノ奈落!狂宴に誘う魔王を撃破!

第11迷宮 「幻影ノ奈落」を探索!


「不思議ノ樹海」をクリアすると、新ミッションが発生しました。
「不思議ノ樹海」の踏破に関しては、こちらからどうぞ!


『幻影ノ奈落』を調査されたし」を受領すれば、第11迷宮が開放されます。
幻影ノ奈落」は、「不思議ノ樹海」と同じ、レベルリセット型のダンジョンです。


より階層が深くなり、敵も強くなるので、注意しながら進みましょう。
しかも、最下層では「焰人」との戦いが待っているので、踏破は難しいかもしれません。


第11迷宮を踏破するためのコツや、ボス戦について紹介していきます。


第11迷宮 「幻影ノ奈落」の特徴


第11迷宮は全61階層、従来のダンジョンよりも階層が深い上に、最下層にはボスモンスターが出現します!
61階、ということで予想がつくとは思いますが…この迷宮の最大の敵は空腹です。


もし、赤獅子商店でパンが売られていた場合は、買えるだけ買っておきましょう。
琥珀の床は、TPとFPの兼ね合いを考えながら、必要なメンバーに交代して踏むようにします。



地下50階辺りになると、雑魚モンスターも強くなるので、無理に相手をする必要はありません。
FPとTPを温存する意味でも、無駄な戦闘は避けて、最下層を目指しましょう。


例えば、「ルシファーホーク」は、突攻撃以外が「強耐」な上、「デビルクライ」を使う厄介な魔物です。
突武器が無いなら、麻痺させてから、スルーした方が無難だと思います。


また、「デモンドレイク」は、絶命時に、睡眠効果を持つ「昏睡の叫び」を放つため、敵が多い場合は非常に危険です!
誤って先に倒してしまうと、最悪、全滅する可能性もあるので、倒す順番は気をつけましょう。



最下層のボスは、レベル20前後で、討伐可能です。
装備やアイテム次第では、レベル15程度でも倒せると思うので、この辺を目安にしておくと良いかもしれません。


ちなみにボスは、麻痺や睡眠等の状態異常を無効化してしまいます。
また、雷属性に関しては鉄壁なので、これらの巻物や印石は、温存せずに、消費してしまいましょう!



第11迷宮 「幻影ノ奈落」を踏破するための編成は?


大前提として、パーティ編成時には、パッシブスキルをMAXまで上げたキャラを選択するべきです。
攻撃力や防御力、HP・TPの最大値は、踏破の成否に影響します。


「絶対にクリア可能」という編成はないものと思いますが…
最後にボス戦が待っていることを考えると、パラディンは必須です!


逆に言うと、パラディンさえしっかりしていれば、第11迷宮のボスは、なんとかなってしまいます。
パラディン、メディックを加えて、あと2枠を考えるのが無難なところではないでしょうか。


やはり火力を考慮すると、ルーンマスターは欲しいところです。
ただしボス戦では、属性攻撃の効き目が低いことは念頭に入れておきましょう。


物理攻撃の威力ではソードマンですが、装備品に柔軟性があり、「トンネル」を使えるフーライも便利です。
管理人は、パラディン、ルーンマスター、メディックに、ソードマンかフーライを加えた編成でクリアしています。



第11迷宮 ボス


■狂宴に誘う魔王
斬:通常  突:通常  壊:通常  炎:強耐  氷:強耐  雷:鉄壁
スキル:連打の宴、殴打の宴、手刀の宴、武息の宴、狩人の宴、周縁の宴
ドロップ:橙の甲冑片、紫の甲冑片、緑の甲冑片


狂宴に誘う魔王」は、阿修羅の様に複数の腕を持つ、四強焰人の一人です。
基本的に、物理系の攻撃ばかりで、状態異常は心配する必要がありません。


これは相手に対しても同様で、効果がある攻撃は物理、属性攻撃は効き目が薄いので注意しましょう!
特に、麻痺や睡眠等は、効果を無効化されます。


パッシブMAXのパラディンで「挑発」や「ディバイドモード」を使用すれば、防御面はほとんど問題ありません。
ただし、メンバーの位置を変更してしまう「周縁の宴」には注意が必要です。


パラディンで攻撃を引きつけている間、他のメンバーで攻撃を加えましょう。
「加速の印石」や「クイック軟膏」があるなら、物理攻撃系のメンバーに使用して、手数を増やすと効率的です。


「鈍足の印石」や「スロウ軟膏」を敵に使用する方法もありますが、効果が出ない場合もあります。
アイテムの取捨選択に迷ったら、敵の弱体系よりも、味方を強化する方が確実です。


「狂宴に誘う魔王」を倒すと手に入る素材アイテムもあります。
とにかく長いダンジョンですが、踏破後も、再び最下層まで辿り着けば、ボスと再戦することが可能です!

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。