ゲームな日々 トップページ
ログイン
ゲームな日々
ゲームのレビューや攻略、時々普通の日記なども。かなり趣味に偏ったブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デビルサバイバー2BR プレイ日記7 - 「人であるがゆえに」 コル・カロリ戦!ミヤコとサダクが合流!

トリアングルム編:金曜日「人間の望む世界」 前半


前回のトリアングルム編・木曜日では、ついに人類の脅威「アルクトゥルス」を撃破しました!
「アルクトゥルス」戦や、峰津院都の「計画」については、こちからどうぞ!


しかし、「管理者」が不在の状況では、無の浸食が止まることはありません。
峰津院都の「計画」も判明し、世界の為に犠牲になるか、決断を迫られます。


ここで「世界のために犠牲になろう」を選択した場合…ゲームオーバーになりますw
ミヤコルートに分岐するかと思ったのですが、あっさり終わりましたね。


イベントを見ることができるので、一度は見てみることをオススメします。
「ミヤコとは別の道を探す!」を選べばジプスとの戦いに突入!


ミヤコは強敵なので、合体で強い仲魔を揃えてから挑みましょう。
そして、これまで謎だった、峰津院都の正体が判明します。


「ジプス強襲」や「龍脈の儀」、「人であるがゆえに」までの流れや、攻略法を紹介していきます!


「ジプス強襲!」 プラネタリウムからの脱出!


メンバーが集合したプラネタリウムに、ジプス局員が押し寄せます!
今回の勝利条件は、「全員の脱出」です。


出現する敵のレベルは40後半がメインで、倒しても、次々と増援が駆けつけ、キリがありません。
「アバドン」の射程や、「ギリメカラ」の「物理反射」、「ヤム」の「万魔の乱舞」には注意が必要です。


出口は左右にありますが、最初の一人が脱出した時点で、もう一方の出口は消えてしまいます。
どちらかを選んだら、分かれずに全員で行動した方が安全です。


最後まで残った一人が倒されると、ミッション失敗となります。
脱出時は、敵と味方の行動順を確認し、取り残されないようにしましょう!


ちなみに、クリア後に、ダイチが一度離脱します。
ダイチの装備スキルを交換できなくなるので、重要なスキルは外しておいた方が無難です。



「龍脈の儀」 龍脈の力を取り戻す!


これまでのストーリーで、ヤマトの操る龍脈の力が、前の世界より弱まっていることがわかりました。
ミヤコに対抗する力を手に入れるため、「富士火口」の施設へ向かいます!


今回は、ヤマトの出撃が必須条件です。
全ての悪魔を倒すか、四カ所の制御卓を同時に操作すれば、クリアとなります。


制御卓には、レベルの高い悪魔がいるため、結局は全て倒すことになるかもしれません。
上の制御卓には、両方にLV64「ムールムール」が、下にはLV51「ラクシュミ」、LV65「ヴリトラ」がいます!


ちなみに「ラクシュミ」は、制御卓の悪魔をMPが続く限り「リカーム」で復活させるのですが…
この性質を利用すると、かなり経験値が稼げます!


復活するのは、レベルの高いリーダー悪魔の一体だけ、しかもHPは大して回復していません。
LV50前半なら、LV64、LV65の敵を倒して簡単にレベルアップが可能です。


逆に、早くクリアしたい場合は、「ラクシュミ」から倒しましょう!
「ラクシュミ」がいなくなれば、悪魔の復活を阻止することができます。



「人であるがゆえに」 峰津院都の倒し方!


サダクとダイチを助けに向かうと、「デネボラ」、「スピカ」、「アルクトゥルス」が装置に集められていました。
ダイチだけは、すぐに解放されますが…ミヤコと決着をつけることになります!



■峰津院都の特徴
ミヤコはレベル55、「物理反射」に加え、他の属性も「全門耐性」で耐性アップし、隙がありません。
スキルも、「メギド」や「斬首・公開処刑」、「貫通の一撃」、「物理強化」、「S二身の残影」と強力なものばかりです!


また、レベル50の「ゾウチョウテン」と、レベル53の「オシリス」がパーティに加わっています。
「ゾウチョウテン」も「物理反射」、「オシリス」は「物理吸収」なので、注意が必要です。


「ゾウチョウテン」は「アギダイン」や「デスバウンド」を使い、「勇者の精神」で、ミヤコの盾にもなります。
一方の「オシリス」も「メギド」、「マカラカーン」、「メディアラハン」と厄介なスキルが揃っていますね。


順番的には、回復スキルを持つ「オシリス」から倒した方が確実です。
「物理吸収」なので、「貫通」や「貫通の一撃」があれば、物理でもダメージを与えることができます。



■峰津院都対策
多少レベルが高い程度では対抗できません。
まともなダメージを通すために、「万能属性」のスキルを持った仲魔を量産するのがコツです!


ミヤコはHP900強、相当強いので、接近戦は避けた方が無難でしょう。
射程1なのが救いで、「邪神」、特に「混沌の息吹」を習得した状態で、遠距離から叩くと安全です。


「万魔の乱舞」、「メギド」、「吸魔」等を覚えさせた「アバドン」が数体いると、展開が楽になります。
スタート地点で待ちかまえ、階段を挟んで移動、距離を保って複数人で攻撃するイメージです。



他のジプス局員も、ミヤコのパーティを回復させてしまうので、まずはザコを掃討しましょう!
特に、「リカーム」や「メディアラハン」を所有している局員を優先して倒した方が効率的です。


攻撃時、「魔神」の「魔力覚醒」で威力を高めておけば、大ダメージが期待できます。
また、「邪神」と「鬼神」の編成なら、遠距離から、2回連続で攻撃できるのでオススメです!



■サダクの解放を目指す場合
もし、敵の全滅ではなく、「サダクの解放」を狙うのであれば、ヤマトを奥の装置まで進めます。
サダクは、最初の操作を含め、4回ヤマトに順番が回ると、解放されます!


一度操作モードに入ると、以降、ヤマトは行動を選択できません。
周囲の敵を倒しておくか、自動効果や先制発動スキルで、耐性アップや回復系を充実させておきましょう!


ただし、ミヤコを含め、ジプス局員からは、かなり便利なスキルをクラックすることができます。
後の展開を考えると、きっちり倒して、回収した方が良さそうです。



峰津院都の正体!コル・カロリ戦!


峰津院都を倒しても、それだけでは終わりません。
彼女の正体は、「コル・カロリ」という人外の存在でした!


人間時よりも強力な敵で、メンバーは回復しますが、連戦となります。
厄介な特殊能力を持っており、サダクのHPにも注意しましょう!



■コル・カロリの特徴・対策
「コル・カロリ」は、本体の「コル・カロリA」と、両手のような「コル・カロリB」から構成されています。
射程は無限なので、距離を取って逃げることはできません!


「コル・カロリA」はHP2000程度、「物理無効」、「魔力無効」で、他の四属性にも耐性があります。
「渾身の一撃」、「千烈突き」、「マハザン」、「封技追加」、「勝利の美酒」、「猟犬の眼光」が所有スキルです。


「コル・カロリB」はHP700程度、「A」と同様の耐性を持ちますが、一体は「物理反射」になっています。
「八相発破」、「ザンダイン」、「渾身の一撃」、「千烈突き」、「マハブフ」が使用スキルです。


見て分かる通り、脅威と成りそうな攻撃は物理系ばかりですね。
幸い、敵には「貫通」がないので、「物理無効」の仲魔を揃えておくと、防御面は有利になります!


ちなみに、「物理無効」は、LV46の幻魔「クルースニク」を育てると習得するスキルです。
合体素材用にも役立つので、事前に用意しておくと良いかもしれません。


また、相手へ攻撃ですが、この耐性を考えると、やはり「万能属性」が効率的です!
さらに「魔力覚醒」と併用すれば、大ダメージを与えることができます。



出現するザコ悪魔は「セイリュウ」、「オロバス」、「トウコツ」、「ピュートーン」、「ヤクシャ」等、レベル50前後です。
「アバドン」の射程や、「ギリメカラ」の「物理反射」を見落として、ムダなダメージを受けないように注意しましょう。



■「アステリオン」超磁界の効果について
「コル・カロリ」は、種族特有スキルの能力、超磁界「アステリオン」を使用します。
これは、行動毎にダメージ、召喚帰還を禁止、戦闘開始時に防御力を40%向上、という厄介な能力です!


最初のうちは、サダクが効果を抑えてくれるので、気にする必要はありません。
ただし、ダメージを受け続け、HPが減って人間体になると、「アステリオン」の効果が発動します!


「コル・カロリ」や敵悪魔の攻撃もあるので、サダクの近くに防御・回復担当を待機させておきましょう。
キューブ状の姿が維持されている間は、サダクの結界が有効です!



峰津院都/コル・カロリを倒した後は?


コル・カロリ戦いに勝利すると、ミヤコとサダクが仲間として合流します!
ミヤコ、サダクの「縁」は1のままだったと思いますが、今後は、イベントでアップさせることが可能です。


そして、金曜日の後半ではミヤコを創り出した存在が判明するのですが…
終盤では重要な分岐が発生、選択を迫られることになります!

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。