ゲームな日々 トップページ
ログイン
ゲームな日々
ゲームのレビューや攻略、時々普通の日記なども。かなり趣味に偏ったブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新・世界樹の迷宮2 プレイ日記35 - ギンヌンガB5Fに突入!フォレスト・セルとの決戦!

最終局面!ギンヌンガB5Fで「禍」を倒す!


世界樹の迷宮25Fで「オーバーロード」を倒し、「諸王の聖杯」を手に入れることができました。
もちろん、これで終わったわけではありません。


遺跡には、まだ未踏の領域が残されていたはずですね?
いよいよギンヌンガB5F、封じられた「禍」との決戦に向かいます!


ストーリーモードも最終局面です。
装備やグリモアを確認し、十分な準備を整えてから戦いを挑みましょう。



ギンヌンガB5Fのモンスターや、ボス戦対策も紹介していきます。


FOE「蒼翼の踊り手」の特徴


「蒼翼の踊り手」は、翅のある虫のような、奇妙な姿をしています。
パーティが近づくと単純に追いかけてくるだけで、動作的な特徴はありません。


ギンヌンガB5Fでは、このFOEが「触手」に捕まっている間に、先へと進むことになります。
ただし、いざ戦うとなると、面倒なモンスターです!



「蒼翼の踊り手」のHPは9294、突属性が有効です。
状態異常は無効ではないものの、全てが効きにくい特性を持っています。


脚が封じにくく、頭と腕の封じ関しては、通常の効果です。
命中率を下げる「乱れ舞い」を使用するので、弱体化を打ち消すスキルを用意しておきましょう。


攻撃力は高くなく、戦っていても強さは感じられないと思います。
ただし…普通に戦っていても、倒すことができません!


少しダメージを与えると、HPを全快する「癒しの舞い」を使用されてしまうためです。
このFOEを倒すためには、脚を封じて、回復スキルを使えなくする必要があります。


脚への封じは効きにくいので、封じの耐性を下げる手段を用意した方が簡単です。
グリモアで複数人に装備させ、数頼みで、確率を上げてもいいかもしれません。


封じが成功したら、効果が消える前に、とにかくダメージを与えまくって倒してしまいましょう!
失敗すると、まだHPが完全回復し、最初からやり直しになってしまいます。



フォレスト・セル戦 対策


「フォレスト・セル」は、虫を思わせる胴に触手、いかにも「邪悪」な雰囲気を纏った姿をしています。
HPは25000、物理・属性ともに、全ての攻撃が有効です!


ただし、通常は「精神障壁」を使用するため、あらゆる攻撃を無力化してしまいます。
この時点での本体への攻撃は無駄になるので、まずは両サイドの触手から攻めましょう。



「セル・イーラ」は、物理攻撃が中心ですが、攻撃の威力は、それほど高くはありません。
属性攻撃が有効なので、まずはパーティを強化してから、属性スキルでダメージを与えていきます。


注意点としては、片方だけを集中攻撃しないことです。
一方だけが破壊されると、本体が復活させてしまうため、戦闘が長引いてしまいます。


残りHPを調整しながらダメージを与え、両方を同時に倒すのがポイントです!
「セル・イーラ」を倒すと、今度は顔がついている「セル・オディウム」が参戦します。


「セル・オディウム」は、「セル・イーラ」と逆で、属性攻撃がメインで、物理攻撃に弱いのが特徴です。
炎・氷・雷のうち、どれか二種類を使うので、完全に防ぐのは難しいかもしれません。


威力は高くありませんが、ダメージを軽減させる場合、複数人で耐性アップやシールドを使用するのも手です。
こちらも、「セル・イーラ」と同じく、一方だけ倒すと再生されてしまいます。


「セル・イーラ」も、「セル・オディウム」も、邪魔なだけで、それほど脅威にはならないかもしれません。
戦っている間、本体が使用する状態異常・弱体化スキルに注意が必要です。



「ポイズンダスト」は、毒効果の上、HP回復効果が減ってしまいます。
また、「カラミティアイ」は、物理・属性防御ダウンと、頭+腕+脚の封じ効果を持つ厄介なスキルです。


「カースオブルイン」は、一時的な最大HP半減に、呪い効果が加わります。
「フォレスト・セル」のスキルは、弱体・状態異常・封じの混合効果が多い点が、特徴的です。


これらの回復を考えると、かなり手間がかかってしまいますね。
確率ではありますが、「巫術:結界」は、弱体・状態異常・封じを無効化するので、この局面で有効なスキルです!


とにかく、「セル・イーラ」と「セル・オディウム」を倒せば精神障壁が消え、本体への攻撃が可能になります。
このタイミングで「カースオブルイン」を受けると自爆してしまうので、予防策は取っておきましょう。



本体への攻撃を続けていると、「セル・イーラ」が再生してしまいます。
さらに、「セル・オディウム」まで再生、精神障壁も復活するので、本体への攻撃は、一旦中断です。


敵が「セルチャージ」を使用した場合、一時的に攻撃力が大幅にアップするので注意しましょう。
チャージの対象を先に倒してしまうか、効果を打ち消しておくと安全です。


再び「セル・イーラ」と、「セル・オディウム」を倒せば、精神障壁も消すことができます。
ただし、後半になると、高威力の全体攻撃「ハルマゲドン」を使用するので、油断は禁物です。


攻撃が激しくなるので、戦況を安定させながら進めるのは難しくなるかもしれません。
攻撃系のフォースブレイクは、敵HPが20%以下になるまで温存し、最後で一気に押し切りたいところです。


特に主人公の場合、「エクステンド」、「アクセラレート」からブレイクまで繋げれば、相当量の体力を奪えます。
ブレイクをする場合は、強化・弱体の環境を最大限まで整えた状態で使用しましょう!



「フォレスト・セル」を倒せればストーリーモードクリア、エンディングが始まります。
そしてクリア後には、新しい階層や新クエスト、未知の強敵も登場します!



ギンヌンガ B5Fの宝箱


C-2:アムリタII
C-6:ネクタルIII
F-7:メディカIV



ギンヌンガ B5Fの主なモンスター


ルーカサイト、メタルニードル、ヘルパピヨン、レッドコーパスル
[F.O.E]蒼翼の踊り手

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。