ゲームな日々 トップページ
ログイン
ゲームな日々
ゲームのレビューや攻略、時々普通の日記なども。かなり趣味に偏ったブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新・世界樹の迷宮2 プレイ日記22 - ギンヌンガB4Fでのボス戦!今度の相手は?!

ギンヌンガB4Fでのボス戦!


ギンヌンガB3Fで試練を突破した後、そのままB4Fまで下りることができました。
ベルトランの過去が明らかになり、物語もいよいよ後半へ…といった雰囲気でしょうか。


イベントの後は、これまで使えなかった磁軸も使用可能になり、B3Fや街へも移動することができます。
また、この階では一時的に四人パーティで探索が進むので注意しましょう。


盾役がいなくなるので、グリモアでの追加スキルを見直した方が進めやすいかもしれません。
B3Fでは現れなかった「強力な敵」とも戦うことになります!



ギンヌンガB4Fのモンスターや、ボス戦対策も紹介していきます。


FOE「幻惑の飛南瓜」の特徴


黒の護り手」から、この階の「回路」を調べるように指示されましたが…
四カ所の内、一カ所目に触れたタイミングで、FOEが出現するようになります。


「幻惑の飛南瓜」は、移動方法から変わっていますね。
壁を通り抜け、時々ワープするかのように飛び回っています。


特にパーティを追いかけるわけではありません。
移動スピードは早いものの、軌道を見ていれば避けるのは簡単です。



HPは5842、物理系全般が弱点で、属性攻撃のダメージはあまり通りません。
ほぼ全ての状態異常が効果を持ち、特に混乱が有効ですが、スタンと封じに関しては無効です。


攻撃に関しても、封じスキルばかりなので、単体なら苦戦することもないと思います。
ただし、「デスパンプキン」を2体呼び出すので、注意しましょう!


「デスパンプキン」の方はザコ敵ですが、「幻惑の飛南瓜」と逆の性質を持っています。
こちらは属性攻撃と状態異常に強く、封じが有効なモンスターです。


「幻惑の飛南瓜」との戦闘で、封じられていると、状態異常の予防や回復も難しくなります。
念のためテリアカα、テリアカβを用意して挑んだ方がいいかもしれません。


「デスパンプキン」は混乱スキルを使用するので、できるだけ速やかに倒しましょう。
攻撃力は低いものの、パーティ全体が封じ+混乱状態に陥ると危険です。


「幻惑の飛南瓜」単体時から、状態異常への予防策を取っておくと、スムーズに対処できます。
封じられていたら、「転移」で「デスパンプキン」に移してしまうのも方法の一つです。



デミファフニール戦 対策


デミファフニール」は、ベルトランが変身した、ボスクラスのモンスターです。
ファフニールのなり損ねということですが、個人的には、主人公より、こちらの方がカッコいいと思いました。


HPは10800、雷属性が有効で、炎属性は効果がありません。
状態異常は殆どが無効ですが、毒の効果が高く、盲目も通常の効き目があります。


盾役がいない戦闘になるので、防御面や回復には注意しましょう。
ただし、相手も攻撃力・防御力が高いわけではなく、一撃必殺的なスキルも持っていません。


内部が燃え上がっているような姿で、実際に、攻撃スキルも炎属性が中心です。
炎耐性を上げる手段を用意した方が、展開は楽になります。



戦闘を進めていると、「制御装置」が起動し、周囲に炎が広がりますが、これはダメージが持続する攻撃です。
炎は、制御装置を破壊することで消すことができます。


起動中、「デミファフニール」の両肩は独立したHPを持つので、優先して攻撃しましょう!
できれば、雷属性の範囲攻撃スキルを用意しておきたいところです。


状態異常系の脅威がないので、炎耐性に注意し、雷属性で淡々と攻撃を加えれば倒せると思います。
戦闘終了後にはイベントがあり、主人公が「アカシックノヴァ」を習得します!



ギンヌンガ B4Fの主なモンスター


イルベア、デスパンプキン、アホロートル、デスマンティス
[F.O.E]幻惑の飛南瓜

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。