ゲームな日々 トップページ
ログイン
ゲームな日々
ゲームのレビューや攻略、時々普通の日記なども。かなり趣味に偏ったブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペルソナQ プレイ日記22 - 稲羽郷土展最終夜!迷宮の番人との戦い!その後の展開は?

「稲羽郷土展」最終夜 この迷宮のボスは?


「稲羽郷土展」も、ついに「最終夜」になりました!
癖のあるF.O.Eやシャドウも増え、随分と歩き回ったような気がしますが…最深部ということで、迷宮のボス戦です!


四つの迷宮のラスト、ストーリー的にも重要な局面を迎えることになります。
今回のボスは、「おともだち」です。


兎の縫いぐるみのような姿をしていますが、当然ながら強敵なので、油断は禁物です。
装備やサブペルソナの見直しや、消費アイテムの補充は忘れないようにしましょう!



「おともだち」対策・スキルや特徴


「おともだち」には属性的な弱点がなく、もちろん「光」・「闇」系の即死スキルは役に立ちません!
単純に攻撃力が高い敵で、範囲・連続性のある物理攻撃がメインです。


「ハートの女王様」のように召還をすることもなく、「慈悲深い聖職者」のように制限をかけるわけでもないので、ある意味、直球な戦い方をするボスだと思います。


秘剣乱舞」、「ラビットフット」、「回転斬り」などのスキル使いますが、さらに「タルカジャ」で攻撃力をアップします。
こちらも「ラクカジャ」などで防御力を高めるか、相手の攻撃力を下げる、カジャ効果を無効化する、などの手段を取ると安全ですが、スキルはSPの消費量が高いので、消費アイテムを多めに用意した方がいいかもしれません。


要注意のスキルは「大声」で、高確率のダウン効果を持っています。
このスキル自体には威力はありませんが、ダウン中に範囲攻撃を使われると危険です。


特に、「ラビットフット」は命中率が低いものの、ダウン中はまともに攻撃を喰らってしまいます。
「大声」は、大きく息を吸い込んだ後に出されるので、防御か、ピンチの場合はリーダースキルで対応しておきましょう!



今回は属性的な弱点を突かれることがなく、相手も弱点を持たないので、特定の属性にこだわる必要もなく、単純などつき合いと回復、という展開が続くかもしれません。


特に前衛はHPと防御力の高いメンバーで固め、HPが低い時は無理せず防御、さらに物理攻撃に耐性があるアクセサリーやスキルがあると安定します。


攻撃力が期待できないメンバーには、封じや状態異常効果を持つ武器を持たせておくと、チャンスを生み出せることがあります。



また、「おともだち」は一度だけ「食いしばり」をするのですが、その際、一気に半分近く体力が回復します。
追いつめたはずが、まだ戦闘継続…という展開になるので、注意しておきましょう!


四つの迷宮をクリアしたわけですが…


ネタバレになってしまうので、あまり詳しくは書きませんが、玲と善が何者なのかが判明します。
玲に関しては、「運命の相手」になると、イベント中の会話内容が過去形だったり、病院のカードキーを知っていたり、と思わせぶりな態度もあったように思いますが…


とりあえず、四つあるという迷宮を全てクリアしたので、ベルベットルームの扉から鍵が外れます。
といっても、当然これでは終わりません!


長いイベントシーンを見てから、ラストダンジョンに挑みます!

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。