ゲームな日々 トップページ
ログイン
ゲームな日々
ゲームのレビューや攻略、時々普通の日記なども。かなり趣味に偏ったブログです。

指定期間 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペルソナQ プレイ日記25 - 時計塔3階 またもや新しい仕掛け!スイッチを押して先へ!

「時計塔」3階 新しいスイッチの特徴!


時計塔の3階は、広さこそ1階・2階と変わりませんが、新しい仕組みのスイッチが登場します!
今後も、時計塔内で度々目にすることになります。


まずは床に数字が書かれたタイプで、この床を踏むと閉じていた柵が開きます。
一定距離を歩くと柵は閉じてしまうので、地形やF.O.Eの位置を見ながら最短距離で突破します。


もう一つは、壁に設置された赤いスイッチです。
押す度に特定の場所で壁が上下するのですが、他の階にも影響があります!
例えば3階で押しておけば4階で通れるようになる、という具合なので、マップを見比べながら進みましょう。



「時計塔」3階の進み方


東の階段近くでは、F.O.Eが2体現れます。
一見複雑な軌道に見えますが、そのうち1体は四角形を描くように周回しているだけです。


動きをよく見て北東の扉を抜け、北西に向かうとB-3に柵が邪魔な通路があるので、ここは「6」の床で開けて通過します。
その後、C-4、C-5エリアで忘れずに抜け道を作っておきましょう!
C-4エリアの柵は、フロア北東にある「12」のスイッチを押してから、抜け道を戻って通過することができます。


D-4では、通路の途中がふさがれていますが、壁のスイッチを押せば通れます。
ただし、3階で通れるようになる、ということは4階で邪魔な場所ができてしまう、という仕組みなので注意が必要です!



3階のシャドウやパワースポットの素材、貴重なアイテムなども紹介していきます。


続きを読む »
スポンサーサイト

ペルソナQ プレイ日記24 - 時計塔2階 あの「刈り取る者」が出現!

「時計塔」2階


時計塔の2階、マップの広さは1階と変わりませんが、なんと新たなF.O.Eとして、あの「刈り取る者」が現れます!
『ペルソナ3』をプレイしていればお馴染みかもしれませんが…レベルが高く終盤まで倒すことができない、「死神」のシャドウです。


言ってみれば、2階は「刈り取る者」の顔見せのようなフロアで、構造的には難しくはありません。
F.O.Eを極力回避しながら、遭遇してしまったら、とりあえず逃げておきましょう!



「刈り取る者」の動きの特徴


1階のF.O.E「見張る者」と同じく、パーティが通れない床の無い場所でも近付いてきます。
ただし、2歩進む毎に1歩分だけ停止するので、移動スピードは早くありません。


この性質を利用すれば、ギリギリの位置で通過することも可能です。
回り道などで、相手だけが近道できる地形では要注意です!


また、さすがに壁までは通り抜けてこないので、間に障害物がある通路をチェックして活用しましょう。
2階のシャドウやパワースポットの素材、貴重なアイテムなども紹介していきます。


続きを読む »

ペルソナQ プレイ日記23 - 時計塔1階 ラストダンジョンへ!蜘蛛のF.O.Eが登場!

「時計塔」1階 ついにラストダンジョン!


四つの迷宮をクリアしたことで玲と善の記憶は戻りましたが、ストーリーはまだ続きます!
玲を助けるために「時計塔」に挑むことになったわけですが、ここにきて「いかにも」という感じの真面目なダンジョンです。


これまでの迷宮との違いは「上」に登って行く点ですが、基本的な探索方法は変わりません。
内部は名前の通り、時計や歯車など、機械的な内装になっています。


また、これまでもムービーで登場してきた「蜘蛛」のF.O.Eも登場します!
シャドウも強くなっていますが、フロアの面積は広くないので、最初のうちは比較的スムーズに階段までたどり着けるのではないでしょうか。


玲がいなくなったため善は一人になりますが、強さは変わらないので、戦力ダウンの心配はありません!



F.O.E「見張る者」の特徴


今回登場したF.O.Eは、蜘蛛の形をした「見張る者」です!
非常に素早く、点と点を結ぶ線のように、着地ポイントまで一気に移動します。


ただし、直線的な動きしかしないため、向きや軌道を確認すれば、避けることができます。
パーティーが歩けない場所でも飛び越えてくるので、その点には注意が必要です!


属性的には、「」が弱点になっています。
「メギドラ」や「ミリオンシュート」を使い攻撃力も高いので、塔の上部に登れるレベルになるまでは、戦わない方が無難です。



1階のシャドウやパワースポットの素材、貴重なアイテムなども紹介していきます。


続きを読む »

ペルソナQ プレイ日記22 - 稲羽郷土展最終夜!迷宮の番人との戦い!その後の展開は?

「稲羽郷土展」最終夜 この迷宮のボスは?


「稲羽郷土展」も、ついに「最終夜」になりました!
癖のあるF.O.Eやシャドウも増え、随分と歩き回ったような気がしますが…最深部ということで、迷宮のボス戦です!


四つの迷宮のラスト、ストーリー的にも重要な局面を迎えることになります。
今回のボスは、「おともだち」です。


兎の縫いぐるみのような姿をしていますが、当然ながら強敵なので、油断は禁物です。
装備やサブペルソナの見直しや、消費アイテムの補充は忘れないようにしましょう!



「おともだち」対策・スキルや特徴


「おともだち」には属性的な弱点がなく、もちろん「光」・「闇」系の即死スキルは役に立ちません!
単純に攻撃力が高い敵で、範囲・連続性のある物理攻撃がメインです。


「ハートの女王様」のように召還をすることもなく、「慈悲深い聖職者」のように制限をかけるわけでもないので、ある意味、直球な戦い方をするボスだと思います。


秘剣乱舞」、「ラビットフット」、「回転斬り」などのスキル使いますが、さらに「タルカジャ」で攻撃力をアップします。
こちらも「ラクカジャ」などで防御力を高めるか、相手の攻撃力を下げる、カジャ効果を無効化する、などの手段を取ると安全ですが、スキルはSPの消費量が高いので、消費アイテムを多めに用意した方がいいかもしれません。


要注意のスキルは「大声」で、高確率のダウン効果を持っています。
このスキル自体には威力はありませんが、ダウン中に範囲攻撃を使われると危険です。


特に、「ラビットフット」は命中率が低いものの、ダウン中はまともに攻撃を喰らってしまいます。
「大声」は、大きく息を吸い込んだ後に出されるので、防御か、ピンチの場合はリーダースキルで対応しておきましょう!



今回は属性的な弱点を突かれることがなく、相手も弱点を持たないので、特定の属性にこだわる必要もなく、単純などつき合いと回復、という展開が続くかもしれません。


特に前衛はHPと防御力の高いメンバーで固め、HPが低い時は無理せず防御、さらに物理攻撃に耐性があるアクセサリーやスキルがあると安定します。


攻撃力が期待できないメンバーには、封じや状態異常効果を持つ武器を持たせておくと、チャンスを生み出せることがあります。



また、「おともだち」は一度だけ「食いしばり」をするのですが、その際、一気に半分近く体力が回復します。
追いつめたはずが、まだ戦闘継続…という展開になるので、注意しておきましょう!


続きを読む »

ペルソナQ プレイ日記21 - 稲羽郷土展第四夜 最後の封じられた扉!四カ所の鳥居を通るには?

「稲羽郷土展」第四夜 最深部への扉を目指す!


「稲羽郷土展」第四夜に降りると、階段の近くに「封じられた扉」が見つかります。
いかにもという感じがしますが、いよいよ、この迷宮も終わりが見えてきました!


今回も例の鳥居があり、「朱雀」・「玄武」・「青龍」・「白虎」の順番で通過することが扉を開ける条件になっています。
第三夜と違うのは、フロアが大きく四分割され、それぞれに一つずつ門がある点です。


四聖獣が表す方角に従い、「南→北→東→西」の順番で進みます。
これを間違えると、かなりの距離を歩かされてしまうので、注意が必要です。


また、上の階に登場したF.O.Eが全タイプ現れます!
見た目が似ていますが、赤&緑が「あしばや野郎」、紫&赤が「したたり野郎」なので、うっかり間違えないようにしましょう。


F.O.Eを避ける時に、対処を間違うと身動きが取れない場所に追いやられてしまうことがあります。
第一夜の宝箱で、「モドリマクレール」を手に入れておくと便利です!



東西南北、四つの扉


中央の封じられた扉を囲むように、炎が必要な四つの扉があります。
まずは、第三夜から炎を運び、一度かがり火に移して扉を抜けます。


扉の先は、それぞれ独立した構造なので、例えば、北から入って東から出る、というようなルートにはなりません。
北の扉の先には「玄武」が、東の扉の先には「青龍」が、というように、四聖獣の方角に、それぞれの鳥居があります!


ただし、どの方角でも抜け道を利用することになるので、まずは鳥居の位置の把握と、抜け道作りが必要です。
四方向ともに通過できる状態にしてから、一気に鳥居を巡ることになります。



第四夜のシャドウやパワースポットの素材、貴重なアイテムなども紹介していきます。


続きを読む »

ペルソナQ プレイ日記20 - 稲羽郷土展第三夜 聖なる鳥居を巡る!玄武・朱雀・青龍・白虎!

「稲羽郷土展」第三夜 聖なる鳥居巡り!


「稲羽郷土展」第三夜にも「封印された扉」がありますが、上階の「聖なる炎」とは別の仕組で開きます。
今回は、「聖なる鳥居」という、悪趣味な門を順番に通り抜けることになります。


門は二本の足のような形をしており、それぞれ、"玄武"、"朱雀"、"青龍"、"白虎"が割り振られていますが、それぞれを指定された順に、一度ずつ通り抜けなければいけません!


ちなみに、これら四聖獣が表す方角は、玄武が「北」、朱雀が「南」、青龍が「東」、白虎が「西」です。
門の位置もだいたい、その方角にあるので、参考程度に覚えておくといいかもしれません。


正しい門を抜ければ提灯に火が灯りますが、間違うと全ての灯が消え、最初からやり直しです。
一旦通った後に、同じ門を引き返してもアウトになるので注意しましょう!


いきなり四つの門を目指すのではなく、まずは抜け道を確保し、ルートを見極めてから進みます。
このフロアは、ついにマップ全体を使用する広さになるので、長い道のりとなります。



新F.O.E「したたり野郎」の特徴


また新F.O.Eが出現しますが、今回は紫と赤のカラーリングをした「したたり野郎」です。
このF.O.Eは斜め方向に移動します。


最初は慣れないかもしれませんが、軌道さえ分かれば避けるのは簡単です。
また、「したたり野郎」は炎を近づけると、床に「汗」だまりを作ります。
非常に気持ち悪いですが、一時的に滑る床になり、移動時に利用する場面があります。



第三夜のシャドウやパワースポットの素材、貴重なアイテムなども紹介していきます。


続きを読む »

ペルソナQ プレイ日記19 - 稲羽郷土展第二夜 ますますF.O.Eが暑苦しく!ミドルグロウが購入可能に!

「稲羽郷土展」第二夜 ますます暑苦しく…四体一組のF.O.Eも登場!


第二夜も、基本的には「たいまつ」で「聖なる炎」を運ぶ流れに変更はありません。
ただし、F.O.Eが第一夜とは変わっていて、見た目も動作も、より厄介になっています!


下への階段は、すぐに見つかりますが、例によって遠回りが必要です。
F.O.Eの特徴を把握して、性質を利用しながら先へ進みます。


また、この階には上下ともに階段が複数あります。
第一夜で踏破できなかった部屋には、このフロアの階段から行くことができますが、逆に、一度下の階に降りてからでないと入れない場所もあります。



新F.O.Eの特徴


まず、某ヒーローのように体の色が縦に真っ二つに分かれた、赤と緑のF.O.Eが「あしばや野郎」です。
名前の通り足が早く、普通に逃げていると、あっという間に追いつかれてしまいます!


視界に入ると追尾が始まりますが、扉から出れば定位置へ帰って行きます。
その背後をついて行けば、見つからずに移動できます。


また、「炎」があれば追い払えるので、たいまつの点火ポイントが重要です。



そして、これまでなかったタイプですが、四人一組のF.O.Eが登場します!
おまつり野郎」という名前で、御神輿を担いでいます。


動きが遅く、細い通路には入れません。
また、御神輿を潜るようにF.O.Eの間を通り抜けることができます。


ただし、こちらは「炎」があると動きが早くなるので注意が必要です。


今回登場したF.O.Eは直接攻撃の威力が高く、特に「おまつり野郎」は大ダメージが連発し、もはやオーバーキル状態です!
油断せず、F.O.Eとの戦闘は、これまで以上に回避して進みましょう。



第二夜のシャドウやパワースポットの素材、貴重なアイテムなども紹介していきます。


続きを読む »

ペルソナQ プレイ日記18 - 稲羽郷土展第一夜 聖なる炎で扉を開ける!「モドリマクレール」を入手!

「稲羽郷土展」第一夜 地味そうな迷宮と思いきや…?


校内散策での会話でもありましたが、名前からして「稲羽郷土展」は真面目そうな迷宮と思いきや、「祭り」がテーマで暑苦しい雰囲気です。
ゲーム中でも、『ペルソナ4』での完二の「サウナ」がネタにされていました(笑)


この迷宮では、扉を開ける仕組みが大きなポイントです。
第一夜では、鍵のかわりに「聖なる炎」が必要な扉が登場し、たいまつで炎を運ぶルートが重要になります。


また、F.O.Eの種類が多いのも特徴で、炎で挙動が変わる点にも注意が必要です!
抜け道も色々な所にあり、最初は回り道をしてから最短距離で炎を運ぶ、というパターンが続きます。


階段が入り口の近くに見えますが、案の定、遠回りをしてたどり着くことになります。



第一夜で現れるF.O.Eの特徴


小若衆」と「組頭」という、ひょうたんのような姿をした、二種類のF.O.Eが現れます。
緑色で動かない方が「組頭」で、炎を近づけると逃げて行きます。


黄色(オレンジ色)で歩き回っているのが「小若衆」で、通常は一定の動作をしていますが、炎を持っていると追いかけて来ます!


この性質を利用して先に進む場面もあります。



「稲羽郷土展」のレアシャドウ


「稲羽郷土展」で現れるレアシャドウは、「全盛の手」です!
時間をかけていると「アイアンダイス」を呼んで姿を消してしまう上に、アイアンダイスは自爆をするという面倒な相手です。
「テスラコイル」、「弥七」などの攻撃アイテム使えば、レアシャドウは短時間で倒すことができます。


続きを読む »

ペルソナQ プレイ日記17 - 便利アイテム カエリマクレール!エリザベスの依頼と邪眼の入手!

依頼"邪眼を入手せよ"


エリザベスの依頼の中には、レアアイテムが報酬になるものがありますが、「邪眼を入手せよ」は早めの達成・報告がオススメです!


この依頼は、「放課後悪霊クラブ」参ノ怪で追加されます。
報酬が「カエリマクレール」というアイテムなのですが、迷宮から脱出するアイテム「カエレール」の強化版で、名前の通り、何度使っても無くなりません!


この依頼が発生する頃には、100円程度ならどうとでもなる金額だとは思いますが、これで買い忘れを気にしなくて済むので、非常に有り難いアイテムです。



依頼の対象と入手のコツ


依頼の対象となっているのは、「フェイトサーチャー」で、四ノ怪で出現するシャドウが落とす素材です。
呪われた監視者眼」というアイテムで、フェイトサーチャーを「呪い」状態で倒せば、手に入ります。


既に呪いのスキルを持っていれば話が早いのですが、参ノ怪で、ちょうどいい武器を入手できます。
D-6にある宝箱には「わら人形」が入っているのですが、攻撃力「1」ではあるものの、高い「呪い」の付着率が期待できます!


「わら人形」は「巽 完二」の装備品なので、四ノ怪探索時には、この武器を装備した状態でパーティに加えておくといいかもしれません。


ちなみに、フェイトサーチャーの弱点は「氷」属性です。
耐性を持ってはいますが、一応「光」・「闇」も効くので、SPに余裕があるなら使ってみるのも手です。


ペルソナQ プレイ日記16 - 放課後悪霊クラブ最終怪!迷宮のボスと対決!

「放課後悪霊クラブ」最終怪 ついに最深部到達!


「放課後悪霊クラブ」も、ついに「最終怪」です!
「不思議の国のアナタ」や「ごーこんきっさ」と比べると、長い道のりになりました。


そして最深部と言うことは…ついに迷宮の番人が登場、ボス戦です。
しかも、会話で言及されていましたが、今回は複数の敵が相手になります。


リーダー格の「優しいドクター」と、ドクターを回復・補助する二体のナースが現れます。
とにかく長い戦いになるので、回復アイテムは充分に用意しておきましょう!



三体の敵と、それぞれの役割


「優しいドクター」が攻撃担当、赤い服の「おとなしいナース」は回復、青い服の「世話好きなナース」が補助スキルを使用します。


最終的にはドクターを撃破することになりますが、まずは回復役を倒さないと戦闘が長引いてしまいます。
それぞれ異なった弱点を持っているので、ブースト状態を保ちながら戦いを進めるのがコツです!


続きを読む »

ペルソナQ プレイ日記15 - 放課後悪霊クラブ四ノ怪 F.O.Eから逃げまくる!暗号の謎や玲の遠隔操作!

「放課後悪霊クラブ」四ノ怪 どこまでも追いかけてくる?F.O.Eの追尾!


四ノ怪では、F.O.E「古ぼけたお人形さん」が本格的に活動を始めます。
上の階でのイベントで現れましたが、このF.O.Eは動きが速い上に、他の部屋に移動しても追尾をやめません!


寄り道をしていると捕まってしまうので、まずは逃げの一手です。
動きを封じる方法を見つけてから、ゆっくり探索をすることになります。


また、通常の戦闘では、依頼の対象にもなっている強敵、「フェイトサーチャー」が出現することがあるので注意しましょう!
もちろん、この階でも、閉じた扉を開けるための謎解きがある他、玲に指示を出して探索させる変わった仕掛けが用意されています。
迷宮の番人も目前です!



F.O.E「古ぼけたお人形さん」対策


まずは、しつこい「古ぼけたお人形さん」を何とかする必要があります。
実は、属性的な弱点が多いF.O.Eなのですが、それでも当然のように強いので逃げるしかありません。


部屋から出ても追ってきますが、これまでのF.O.Eと同じく明るい場所には入れない、という性質を持っています。
途中にあるスイッチを入れて距離を稼ぎながら、とにかく奧へと進みます。


重要なポイントは、C-4エリアの通路と、その南北にある電気のスイッチです。
最初は、パーティがこの場所に逃げ込んで安全を確保することになると思います。


相手との距離をとってから、一旦スイッチを切って中におびき寄せます。
F.O.Eが通路に入ってきたタイミングでスイッチを入れれば、両側の灯りに挟まれ、通路から出られなくなります!


ただし、一度外に出ると再び定位置に戻ってしまいます。
帰還する前に、B-5エリアで階段近くの抜け道を確保しておきましょう。



四ノ怪の謎解きや出現シャドウ、パワースポットの素材、貴重なアイテムなども紹介していきます。


続きを読む »

ペルソナQ プレイ日記14 - 放課後悪霊クラブ参ノ怪 暗闇の鍵や扉の謎!スキルカード抽出も解禁!

「放課後悪霊クラブ」参ノ怪 今度は病院?「暗闇の鍵」で扉を開ける!


参ノ怪から、なぜか辺りの雰囲気が「病院」に変わっています。
確かにこれも、怪談ものの定番ではありますね〜


弐ノ怪では、スイッチを入れることでF.O.Eから逃げていましたが…
案の定というか、スイッチの仕掛けが増えて、より複雑になっています。


また、「暗闇の鍵」という明るい場所では消えてしまう鍵まで現れ、ON/OFFを使い分けながら進まないといけません。
スイッチで「明るくなる場所」の目印は、忘れずに書き込んでおきましょう!


そして、またもや「謎」を解かなければ開かない扉があります。
新たなF.O.Eまで登場して、ますます忙しくなりそうな気配です!



ベルベットルームで「スキルカード抽出」が可能に!


ベルベットルームで、新たな秘技が解禁されます。
今回は「スキルカード抽出」です!


これは、名前の通り、サブペルソナが持つスキルをカードとして手に入れてしまうものですが、抽出すると、そのペルソナは消えてしまいます。


これまでよりも簡単にスキルカードを入手できるようになったので、さらに戦略性が高くなりそうです!
失いたくない攻撃・回復手段は、カード化して覚えておけば、サブペルソナを変える際に役立ちます。


ただし、好きなスキルを選べるわけではなく、それぞれのペルソナに抽出可能なスキルが決められています。
便利なスキルなどは、成長過程で忘れさせないように注意しておきましょう。



参ノ怪の謎解きやシャドウ、パワースポットの素材、貴重なアイテムなども紹介していきます。


続きを読む »

ペルソナQ プレイ日記13 - 放課後悪霊クラブ弐ノ怪 スイッチで謎解き!配電盤や閉じた扉の謎!

「放課後悪霊クラブ」弐ノ怪 「スイッチ」でF.O.EもON/OFF!


お化け屋敷らしく、全体的に暗いのが「放課後悪霊クラブ」の持ち味ですが、新たなギミックとして「スイッチ」が登場します。
スイッチで灯を点けることで、重要なアイテムが手に入ったり、F.O.Eを回避したり、という展開が続きます。


スイッチは壁に設置されているので、見落とさないようにしましょう!
ただし、最初は通電していないので、まずは「配電盤」を何とかしなければいけません。


また、鍵の掛かった扉は、この階でも二カ所あり、「理科準備室」と「南棟」の鍵を探すことになります。
さらに、壱の怪での「時間割」のように、謎を解かなければ開かない扉もあります!



「放課後悪霊クラブ」弐ノ怪のF.O.E


弐ノ怪では、パーティーを追尾する「かわいいあかちゃん」に加えて、「可憐なお人形さん」が登場します!
ここで、二種類のF.O.Eの、動作的な特徴をまとめておこうと思います。


■かわいいあかちゃん
特定のポイントに差し掛かると現れる。
パーティを追尾する。
光に照らされた場所は避ける。
「子守唄」が聞こえる扉の前では眠る。
軋んだ床を踏むと目を覚ます。
扉を通ると、元の位置に戻る。


■可憐なお人形さん
出現場所は固定で動かない。
横を通ると現れる。
光に照らされると、現れなくなる。


これらの性質を前提として、上手く逃げながら先に進みます!
ちなみに、両者ともかなり強いので、倒せるようになるのは次の迷宮に進んでからになると思います。



弐ノ怪の謎解きや出現するシャドウ、パワースポットの素材、貴重なアイテムなども紹介していきます。


続きを読む »

ペルソナQ プレイ日記12 - 放課後悪霊クラブ壱ノ怪 お化け屋敷で謎解き!ローグロウも購入可能に!

「放課後悪霊クラブ」壱ノ怪 お化け屋敷で謎解き


新迷宮は、名前からして分かりやすい感じではありますが、「お化け屋敷」がテーマです!
不気味な学校のような外観をしているものの、ホラーゲームでありがちな、突然驚かされるような演出はありません。


むしろ、全体的に謎解き要素が多い、ダンジョンRPGとしては正統派の迷宮になっているような印象を受けました。
行き止りが多くなっていますが、ヒントや「依頼」につながるイベントもあるので、見落とさないようにしましょう!


この階には鍵が掛けられた扉が二カ所あり、「実習棟」と「北棟」、それぞれの鍵を探す必要があります。



「放課後悪霊クラブ」壱ノ怪の特徴 F.O.Eの動きやシャドウについて


まず、この階であらわれる新F.O.Eの「かわいいあかちゃん」は、特定のポイントを通過すると登場します。
また、動作もこれまでとは異なり、プレイヤーの後を追いかける「追尾型」です!


この辺はホラーゲーム風と言えなくもないですが、強敵なので最初はとにかく逃げの一手をおすすめします。
扉を通って他の部屋に入ると、「逃げ切った」という扱いになります。
また、音楽の鳴っている部屋の前で寝てしまう、という特徴もあり、先に進む際にこの性質を利用することがあります。



雑魚シャドウに関しては、「光」や「闇」属性に耐性があったり、こちらの耐性を下げるスキルを持つタイプがいるのも特徴です。


例えば、「ファントムメイジ」は「風の腐蝕」というスキルを使いますが、パーティ全員の疾風耐性を下げる効果があります。
通常の状態から耐性が低下すると「弱点」になり、その上で「マハガルーラ」を使われると思わぬ大ダメージを受けてしまうので、注意しましょう!



さらに、この迷宮で出現するレアシャドウの「至高の手」は、「ハマ」と「ムド」を使用します。
ボーナスと思って油断してかかると、即戦闘不能という可能性もあるので、回復手段は常に用意しておいた方が安全です。



壱ノ怪の謎解きやシャドウ、パワースポットの素材、貴重なアイテムなども紹介していきます。


続きを読む »

ペルソナQ プレイ日記11 - ごーこんきっさゴールイン 「運命の相手」決定!そして番人との戦闘!

「ごーこんきっさ」ゴールイン 「運命の相手」は?


ついにたどりつきました、「ごーこんきっさ」の最下層です!
奥に番人が待ち構えていますが、その前に、「運命の相手」との会話イベントがあります。


皆さんの相手は誰だったでしょうか?
ひょっとすると、納得いかない!という結果だったかもしれません。


ただし、ボスを倒した後には再度挑戦できるので、興味のある方は、是非お試しを!



ここでのイベントはフルボイスなので、正直なところ、特定の数キャラから選択される程度では?と高を括っていたのですが、相手も会話の内容もバリエーションが豊富で、力を入れて作られている印象です(笑)


答え方次第では、相手が男性キャラの場合もあり、エリザベスやマリーなど、ベルベットルームの住人まで登場します!
合成写真の「新婦」側に主人公の顔が貼られたり、玲が相手だと、最後に駆けつける仲間が善だったりと、色々な所に変化が見られます。


会話の内容から、「P3」と「P4」、どちらの主人公を選ぶかによって異なる部分もあると予想されるので、キャラのやり取りを楽しみたい場合は、色々な選択肢を選んでみるといいかもしれません!



「ごーこんきっさ」の番人との対決!


イベントが終わり、教会の扉を開けると、いよいよボス戦が待っています!
この階に降りてしまうと引き返せないので、注意が必要です。


「ごーこんきっさ」の番人は、「慈悲深い聖職者」です。
名前の通り聖職者風の姿はしているものの、かなり胡散臭い喋り方で、癖のある戦闘になります。


特に後半では、あるルールに気がつかないと、苦戦してしまう可能性もあります。
ボス対策を紹介しようと思います。


続きを読む »

ペルソナQ プレイ日記10 - ごーこんきっさ4次会 ついに最後の質問!「番人」も目前!

「ごーこんきっさ」4次会の特徴&注意が必要なシャドウ


「ふしぎの国のアナタ」では第3章の次が最終章でしたが、「ごーこんきっさ」は、まだ続きがあります。
4次会は、これまでの総決算のようなフロアで、1次会〜3次会で登場したギミックやF.O.Eが立ち塞がります!


マップは3次会と同じ広さで、厄介なスキルを使うシャドウも出現します。
攻撃力が高く、石化効果の「ペトラアイ」を使う「無為のバザルト」、「ハマ」と「ムド」を使う「浮気のパピヨン」には要注意です。


迷宮の「番人」も間近なので、ペルソナや武器・防具を、この階で準備しておきましょう!



ちなみに、この階での質問は3問です。


1次会から、全部10問に答えたことになり、「運命の相手」の発表も続きます!
ただし、第十問を答えると、すぐに下の階へ落とされてしまうので、直前のセーブポイントで一度脱出してから編成や装備を見直して、回復アイテムも補給しておくといいかもしれません。



「100%」の宝箱


4次会の踏破率100%アイテムは、アクセサリーの「極炎塊」です!
火炎属性によるダメージを中確率で無効化します。


これまでの通り、F.O.Eのせいで入れない場所は、除いた状態でも「100%」が達成可能です。
フロアの南東、E-5エリア付近は入らなくてもクリア可能ですが抜け道が多いので、100%を目指す際には見落とさないように進みましょう。



4次会で出現するシャドウやパワースポットの素材、貴重なアイテムを紹介していきます。


続きを読む »

ペルソナQ プレイ日記9 - ごーこんきっさ3次会 F.O.E大量発生!イケニエ・スプレッドも解禁!

「ごーこんきっさ」3次会 F.O.Eが大量出現!


質問に答えて扉を開ける流れは、1次会や2次会と変わりません。
ただ、上の階と違って不気味な雰囲気に変わり、マップの広さはこれまでで一番大きなフロアです!


何より、この階では新F.O.E「情欲の獣」が大量に現れます。
F.O.Eを上手に誘導しながら、道を切り開きます。


この階で答えることになる質問は、3問です。
2次会で一度戦った「ごーじゃすキング」も通常の戦闘で現れるようになるので、注意しましょう!


また、この階に到達するタイミングで、ベルベットルームでも変化が起こります。
イケニエ・スプレッド」という新たな秘技が解禁されるので、手持ちのペルソナが一杯の時などは、この機会に一度整理してみるといいかもしれませんね!



「情欲の獣」の動作の特徴


この階のF.O.E「情欲の獣」は、見た目的には上の階で出現した「恋の使者」の色違いです。
動きに特徴があり、「直線上で向かい合った状態」で歩くと、こちらに迫ってきます。


逆に言うと、向かい合っていなければ接近して来ないので、このF.O.Eと距離をつめる時には、横歩きや後ろ歩きで近づくのがポイントです。


そして、距離が縮まったら、相手の方向を向いて後ろ向きに進むと、こちらを追ってきます。
近づいてから「引っ張る」というイメージの動作で誘導します。


ちなみに、方向を変えたり、曲がったりすることはありません。
間に障害物があれば視線は遮られ、扉を潜ると元の位置にもどります。


距離的に離れていても、途中に壁や他のF.O.Eがなければ、この法則に従うので、注意が必要です。



「イケニエ・スプレッド」の基本的な仕組み


ベルベッドルームで追加される、「イケニエ・スプレッド」は、2体のペルソナを「生け贄」にして、1体のペルソナに経験値を与えるという、少しエグい秘技です。


通常の合体とは違い、スキルを継承するようなことはありません。
イケニエのレベルが高いほど、経験値も高くなります。


コツとしては、同じアルカナ、例えば成長させたいペルソナが「戦車」なら、同じく「戦車」をイケニエに選ぶと効果が高くなります。
特定のペルソナを早く成長させたい時には有効な手段です!


また、イケニエとして使われると、アイテムを残すペルソナもいます。
このアイテムは、「てづくりこ〜ぼ〜」での素材になるので、積極的に試してみると、意外な装備品が手に入ることがあります!



3次会で現れるシャドウやパワースポットの素材、貴重なアイテムなども紹介していきます。


続きを読む »

ペルソナQ プレイ日記8 - 依頼対象のレア素材「封じられた大蛇皮」の入手方法!

シャドウが落とすレア素材!


パワースポットには通常の素材と「レア」の素材がありますが、迷宮で現れるシャドウもレア素材を落とすことがあります。
ただし、特定のシャドウを、特定の方法で倒さなければいけないので、いつも同じ方法で戦っていると入手できません!


レア素材は高く売れ、アイテムや装備の材料にもなります。
エリザベスの依頼「幻の薬を調合したい」でも必要になる、「封じられた大蛇皮」もこのレア素材の一つです。



「情欲の蛇」と「封じられた大蛇皮」


「封じられた大蛇皮」を持っているのは、「情欲の蛇」です!
「情欲の蛇」は、ごーこんきっさの1次会と2次会に現れるシャドウです。


この「情欲の蛇」を「速封じ」状態で倒すと、「封じられた大蛇皮」が手に入ります。
といっても、まだ肝心の「速封じ」の方法が見つかっていないかもしれませんね?


ごーこんきっさのバトルで、シャドウの速さを封じる方法を紹介します。


続きを読む »

ペルソナQ プレイ日記7 - ごーこんきっさ2次会 動く床と新F.O.E!

「ごーこんきっさ」2次会 新ギミック「動く床」


1次会から引き続き、質問に答えて扉を開けながら進みます。
ダンジョンRPGに付き物の「動く床」が登場しますが、それほど入り組んだ構造にはなっていません。


ちなみに、この「床」の正式名称は、会話イベントで教えてもらえます(笑)
マップも1次会と同じ広さで、レベルや装備に無理がなければ簡単なフロアになると思います。



「ごーこんきっさ」2次会の特徴


「闇」属性を弱点に持つシャドウが多いので、「ムド」や「マハムド」を持つメンバーがパーティに複数名いると、短時間で戦闘に勝利できます!


新しいF.O.E「愛の天使」が登場し、今回は矢に当たると、相手の方向に引き寄せられてしまいます。
数歩で異常は回復しますが、近距離で射たれるとバトルに突入することになるので、敵の向きと射線には注意しましょう。



この階での質問は2問です。
参考までに自分がプレイした時には、
「みんなで盛り上がりたい時は?
 クラブで王様ゲーム / カラオケで歌合戦 / ゲームセンターでトーナメント / 図書室で回し読み」
「食べなきゃいけないとしたら?
 皿いっぱいのワサビ / 皿いっぱいの砂糖」
が出題されました。

何回か試してみたところ質問の内容が変わっていたので、特に法則性のないランダムでの出題かもしれません。



2次会で出現するシャドウやパワースポットの素材、貴重なアイテムなども紹介していきます。


続きを読む »

ペルソナQ プレイ日記6 - ごーこんきっさ1次会 「運命の相手選び」の質問と封じられた扉!

「ごーこんきっさ」1次会 運命の質問?


『ペルソナ4』での文化祭の出し物が「合コン喫茶」でしたが…まさか迷宮になるとは思いませんでした(笑)
この世界自体が「文化祭」中の八十神高校であることから、ひょっとすると、ストーリーと重要な関連性があるのかもしれません。


とにかく、今回は質問に答える行為自体が、開かない扉の「鍵」になっています。
最終的に「運命の相手」が見つかるというもので、とりあえずは好きに答えて良いと思います。


選んだ主人公によって展開が変わるのか、質問への答え方と結果などは未検証ですが、戦闘などで特別な有利・不利が生じることがないようです。
ちなみに、少し後で、もう一度答えを選び直せる機会もあるので、選択に後悔してしまった方もご安心を!



「ごーこんきっさ」1次会の特徴


まずは質問に答えるシステムが、この迷宮全体の特徴となっていますが、1次会では「ダメージ床」が登場します。
ただし、踏むとHPではなく、「SP」が減るので、要注意です。


SPが枯渇してからの戦闘は危険です。
ホバーサンダル」という消費アイテムを使えば、タメージを回避できます!
ホバーサンダルは、「枯れたローズ」を入手すると、てづくりこ〜ぼ〜で買える様になります。


合コンがテーマとはいえ、シャドウも確実に強くなっているので、早めに素材を集めて、装備やアイテムの充実を図りましょう!



「ごーこんきっさ」1次会での「質問内容」


1次会での質問内容
■第一問:愛があれば、年の差はおろか性別も関係ない?
性別は関係ある / 全く関係ない!

■第二問:一緒に遊ぶなら?
断然、アウトドア! / 絶対、インドア!

※条件で質問や選択肢が変化するかは未検証です。


1次会の新しいシャドウやパワースポットの素材、貴重なアイテムなども紹介していきます。


続きを読む »

ペルソナQ プレイ日記5 - 不思議の国のアナタ最終章 ついにボス戦!「P3」と「P4」のメンバーが合流!

「不思議の国のアナタ」最終章 初のボス戦!


第3章の階段を降りた直後から、ちょっと様子が違っていることに気がついたと思いますが…「不思議の国のアナタ 最終章」です!
『ペルソナQ』、初のボスキャラ「ハートの女王様」が登場します。


このフロアの特徴としては、ボス以外のシャドウが出現しないこと、セーブポイントが存在すること、マップは小さく、宝箱やパワースポットもないことです。


セーブポイントに関しては、『世界樹の迷宮』の「樹海磁軸」と似ていて、セーブだけでなく、迷宮の外に脱出することもできるようになっています。



「ペルソナ3」と「ペルソナ4」が合流!


ゲームを始める時に、どちらかの主人公を選びましたが、このタイミングで合流します!
個人的には、ストーリー中盤辺りの展開と予想していたので、意外と早い登場に驚きました。


ボス本体と戦う前に、召還された「トランプ兵」とのバトルになるのですが、主人公以外のメンバー編成が一時的に入れ替わります。


これはイベント的な扱いで、本戦ではまた、元の編成に戻ります。
メンバーも回復した状態になるで、最初のザコ戦は消耗の心配はいりません。


それでは、「ハートの女王様」戦の流れを紹介していきます!


続きを読む »

ペルソナQ プレイ日記4 - 不思議の国のアナタ第3章 ペルソナ合体解禁!すれちがい通信やQRも可能に!

「不思議の国のアナタ」第3章 ついに解禁!ペルソナ合体!


『ペルソナ』シリーズの重要なゲームシステムといえば、ペルソナ合体によるパワーアップです。
「不思議の国のアナタ」第2章まではサブペルソナの装備しかできませんでした。


いよいよ第3章、つまりこの迷宮の3Fまでたどり着くと、ベルベッドルームが施設に加わり、「ペルソナ合体」ができるようになります!
一旦、ベルベッドルームに戻ることになるので、イベントの推移を見守りましょう。


さらに、"ここじゃない世界"のペルソナ使いと通信ができる、「すれちがい手帳」を受け取ります。
設定をすれば、すれちがい通信でペルソナのデータを受け取ったり、QRコードの出力・読み取りも可能になります。



ちなみに、筆者は「P4」の主人公でゲームを開始したのですが、この時点でマリーが登場しました。
「ゴールデン」のキャラも登場するとは意外でしたが、「P3」ではどんな展開だったのか気になるところです。



「不思議の国のアナタ」第3章の特徴と注意点


第3章、つまり迷宮の3Fですが、今回の特徴は「一方通行」の存在です。
これまでも抜け道はありましたが、このフロアは特に多く、中には、一度通ると反対側からは戻れないものもあります。


ただし、通る前に、一方通行であることが通知される親切な仕様になっています。
パーティが消耗している場合はどは、無理をして進まない方がいいかもしれません。


また、「赤い薔薇」と「じょうろ」を利用して、F.O.Eをおびき寄せるギミックがあるのですが、少し工夫が必要な場所もあるので、記事の後半部分で説明しようと思います。



そして注意点として、第3章には、通常の戦闘で強敵が現れることがあります。
熱甲蟲」というシャドウで、F.O.E程ではありませんが、他の雑魚シャドウよりもステータスが高い上に、火炎属性の全体攻撃スキル「マハラギ」を使用します。


氷結属性が弱点なので、「ブフ」などのスキルを持つメンバーが複数いると楽になるのですが、通常のシャドウでも苦戦するようであれば、レベルや装備が整うまでは、逃げた方が無難な相手です。



この章でも、「ピンクのウサギ」は引き続き登場します。
新しいシャドウやパワースポットの素材、貴重なアイテムなども紹介していきます。


続きを読む »

ペルソナQ プレイ日記3 - 不思議の国のアナタ第2章 サブペルソナでパワーアップ!

「不思議の国のアナタ」第2章 全員がワイルドの「サブペルソナ」システム


階段を降りて「不思議の国のアナタ」第2章にたどり着くと、会話イベントが発生し、主人公のペルソナ能力について言及されます。
前作までの主人公はペルソナをチェンジできたのですが、この点についてベルベットルームで話を聞くことになりました。


そして明かされたのが、今作における「ワイルド」の性質変化です。
通常持っているメインのペルソナの他に、もう一体の「サブペルソナ」が使えるようになったとのこと。


しかもこれは、主人公だけではなく、ペルソナを持つ全てのメンバーに共通のシステムで、スキル選択の自由度がかなりアップしました!
メニューに「PERSONA」のアイコンが追加され、装備や確認ができるようになっています。



「サブペルソナ」の性質


サブペルソナの特徴として、まず、メインペルソナが持っていないスキルでも、装備したサブペルソナが所有していれば、同じように使用できるという点を挙げることができます。
もちろん、属性攻撃に対する「耐性」・「無効」といったスキルを覚えておけば、弱点の穴埋めも可能です!


そしてもう一つは、HPとSPの上乗せです。
戦闘時のみ有効ですが、サブペルソナのHP・SPが加算されるので、これがあるのとないのでは、大きく違います。


バトルに参加していれば、サブペルソナも経験値を得て、成長していきます。
ペルソナを持たない善と玲は、サブペルソナを装備できませなん。



「不思議の国のアナタ」第2章の特徴


上の階よりマップが広くなり、確実にシャドウも強くなっています。
抜け道も多く見かけますが、すぐに通ることはできません。
一度反対側まで進み、戻るタイミングで使用できるパターンがほとんどです。


基本的に第2章は、迷宮に現れた「ピンクのウサギ」を追いかけ、抜け道を作りながら進んで行きます。
ウサギを捕まえるというよりは、上手に使って道を作るイメージですね。


新しいシャドウやパワースポットの素材、貴重なアイテムなども紹介していきます。


続きを読む »

ペルソナQ プレイ日記2 - 不思議の国のアナタ第1章 ヒールストーンをゲット!

「不思議の国のアナタ」第1章 いよいよ探索開始!


善と玲が仲間になると、「てづくりこ〜ぼ〜」や「保健室」がオープンして、武器や防具、アイテムが買えるようになります。
マッピング機能も追加されて、いよいよ探索らしくなってきました!


このマッピング、『世界樹の迷宮』をプレイしていればお馴染みですが、さらに使い勝手が良くなっているように思います。
また、最初のイベントでは、迷宮に入るメンバーが固定でしたが、これからは「パーティ編成」ができるようになります。


パーティは、最大5人であること、前列と後列があることが基本です。
後列の方がダメージは受けにくいのですが、近接武器は敵の後列に届かないことを覚えておきましょう!
魔法のスキルや、長距離射程の武器は後列でも問題ありません。


とりあえず、迷宮の「第1章」となっていますが、要するに「1F」です。
最初だけあって、ザコ敵のシャドウは弱いものの、F.O.Eにだけは注意しながら、奥を目指します。


マップの右上に「○○%」という踏破率が表示されていますが、今作では「100%」が意味を持つので、なるべく丁寧に進めた方が、攻略に役立つアイテムが入手しやすくなります。



マップ上にF.O.Eが登場!


これも『世界樹の迷宮』とお馴染みなのですが、マップ上で、再生ボタンのような動くアイコンが表示されることがあります。
これが「F.O.E」と呼ばれる敵で、簡単に言えば、「強敵」です。


少し頑張れば倒せる、というレベルではなく、そのフロアのザコ敵とは圧倒的に強さが上なので、まずはスルーがお約束です。
移動は一定範囲だけなので、パータンを見て通り抜けましょう。



序盤はお金が不足しがちですが、パワースポットを活用すると楽になります!
シャドウやパワースポットの素材、貴重なアイテムなども紹介していきます。


続きを読む »

ペルソナQ プレイ日記1 - プレイ開始!主人公の選択、プロローグの展開など

『ペルソナQ』ってどんなゲーム?


『ペルソナQ』(ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス)は、ATLUSの人気ゲーム『ペルソナ』シリーズの新作で、3DS用のRPGです!


特に『ペルソナ4』はアニメ化されて人気も高かったので、シリーズの知名度も上がったのではないでしょうか?
今回は、ナンバリングタイトルとしての続編というより番外編という雰囲気で、「P3」と「P4」のキャラクター達が一同に会することになります!


そしてペルソナシリーズとして特徴的なのは、同じくATLUSの人気タイトル『世界樹の迷宮』シリーズのダンジョンRPG形式を採用しているところです。


迷宮内の移動も「世界樹」のプレイヤーなら馴染みやすい操作性で、マッピングや、5人編成の前後列パーティ、敵の落とした素材で武器・防具や消費アイテムを作りながら進める流れは、お馴染みですね!


また、キャラクターやペルソナ、スキル体系などはペルソナ3、4を踏襲しており、当然ながらペルソナ合体もあります。
今作のキャラの絵は、これまでと異なるデフォルメされたものですが、使用されている曲や演出、CVや会話に挿入されるユニークな選択肢などなど、ペルソナの世界観は健在です!


そういえば、「P3」、「P4」ときて、今回は「PQ」と略されているようですね〜


ちなみに、ダウンロード版のブロック数は、約14800なので、SDカードの空き容量チェックを忘れずに!
デフォルトのセーブスロットは三つですが、SDカードを使用すれば、さらにセーブすることができます。



『ペルソナ』シリーズ未プレイでも遊べる?


過去作から直接的にストーリーが繋がっているわけではありませんが、やはりキャラクター設定や会話のネタなどは前作ありき、なところが多く、シリーズを知っていた方が楽しめます。
ゲームの難易度自体は選択・変更可能なので、RPG自体が苦手でなければ、難し過ぎるということはないのでは、と感じました。


最初に「P3」か「P4」の主人公を選べるので、例えば「ペルソナ4」のアニメは好きだけどゲームは未プレイ、という方なら、「P4」で始めてみてはいかがでしょうか?
文化祭で合コン喫茶をやっていたり、女装の話題が出たりと、アニメを観ていれば分かる内容も多くあります。


ちなみに主人公の名前は自由入力です。
もともとゲーム版ではデフォルトの名前はない上、マンガ版とアニメ版でも違っていたりしたのですが、一応「PQ」設定では「P3」の主人公は「有里湊」、「P4」の主人公が「鳴上悠」とされているみたいですね。


早い段階で二人の名前は決めることになるので、キャラの命名で悩んでしまう方は、早めに名前を考えておいた方がいいかもしれません(笑)


続きを読む »
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。